オランダ 自転車のある風景

May 2, 2017

 

サイクルウェアに身を固めた女性ライダーが颯爽とを駆並木道を走り抜けていきます。

オランダ郊外でよく見かける光景です。

 オランダの一人あたりの自転車保有率は人口(約1600万人)の約1.1倍で「世界一の自転車大国」と言われています。確かにご近所さんも含めて皆さん、通勤、通学などよく自転車に乗っている光景をよく見ます。週末の天気の良い日には、ご覧のようスタイルでサイクリングを楽しむ個人やグループも見かけます。

 

 

オランダの昔の家並みが残るこのあたりにも、シニアライダーのグループがサイクリングを楽しんでいます。このような光景はオランダばかりでなく、ヨーロッパの郊外に行くとよく目にする光景です。

 

 運河沿いをさっそうと走り抜けるグループ

 

 オランダは国土の1/4が海面下で、高い山がなく国土全体がフラットな地形であることも自転車が普及した一因でしょう。カッコイイサイクルウェアを着た人ばかりでなく、ご覧のように普段着で公園や街なかを走る人を沢山みかけます。自転車に乗ってどこかへ行く、ということでなく自転車でお散歩、と言った感じです。

 

 

 親子連れも森のなかで安全に、ゆっくり自転車を楽しんでいます。

森の中をのんびりお散歩や自転車で過ごします。

 

跳ね橋と自転車、オランダの典型的なシーンです

 

 変わった自転車も多いですね。チーズをモチーフにしたデザインの自転車?

 

 オランダでよく見かける子供を乗せて走る自転車。

 

 

 これは観光用ですが、全員がペダルを漕いで前へ進んでいきます。運河沿いをビールを飲みながら漕いでいました。

 XL

 

 アムステルダム中央駅前の自転車置き場。どこの国も自転車置き場には苦労しているようですね。

 

オランダ人は、雨が降ろうが、雪が降ろうが、強風の日だろうが、皆平気で自転車に乗って通勤、通学しています。

 

こんな「自転車大国」に居ながら、私自身はほとんど車での移動でした(笑)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

You Might Also Like:

一瞬の切取り、スイスの風景

May 10, 2020

南西フランスの美しい小さな村

May 5, 2020

1/15
Please reload