Xmasまで後:15日 クリスマスの情景 第十話(ドレスデン)

December 10, 2017

 

 第十話

1434年にスタートしたドイツ最古のクリスマス・マーケットとして有名なドレスデン。ここを訪れた2014年は580年目を迎えていました。

 

マーケット全体がライトアップされ、キラキラと光り輝くマーケットはまるでおとぎの国のよう。

 この人形が飾られた木製のクリスマスツリーがここのシンボルとなっています。

 

丸天井が印象的な、ドレスデンのフラウエン教会(聖母教会)は、第二次世界大戦で破壊され、戦争の傷跡として瓦礫の山の状態で残されていましたが、戦後60年を経た2005年に見事、元の姿に甦りました。この教会もこのクリスマスシーズンご覧のようなイルミネーションで美しく飾られます。

 ザクセン州の国立歌劇場、ゼンパーオーパー。この重厚な建物のライトアップもいかにもドイツ、質素で堅実、クリスマスツリーも控えめ。落ち着いたドイツらしいクリスマの情景でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

You Might Also Like:

一瞬の切取り、スイスの風景

May 10, 2020

南西フランスの美しい小さな村

May 5, 2020

1/15
Please reload