「夏の風景ひまわり畑」スペイン・アンダルシア地方と南フランス・プロヴァンス地方


「危険な暑さ?」が続く今年の日本の夏ですが、夏の花、といえば向日葵が頭に浮かびますね。

ヨーロッパの向日葵のシーズンは6月末から7月中旬あたり、本当の真夏になると暑くて枯れてしまうようです。

今年の日本の暑さではすぐ枯れてしまうでしょうね。

ご覧の風景は、南フランスプロヴァンス地方のひまわり畑です。

この地方はラベンダー畑も見事で、咲いている時期のタイミングが合うとご覧のような、紫と黄色のコントラストが素晴らしい風景を見ることができます。何とも心地よい色合いですね。

ひまわり畑とラベンダー畑の間には、ハチミツを採る巣箱が並べられています。

プロヴァンス地方の中心地、エクサンプロヴァンスの朝市には、ひまわりも売られていて、

夏の朝市には欠かせないものとなっています。

一方こちらはスペイン・アンダルシア地方のひまわり畑。

こちらは360度どこをみても、ひまわりだけ! 圧倒されます。

この写真を撮りに行ったときも気温は確か40度を越えて日差しは強かったのですが、湿気はなくカラッとした暑さだったと覚えています。今から思うと、日本の今年の暑さとは全く違う「快適な暑さ?」でした。

You Might Also Like:
IMG_1056
IMG_6086
IMG_9292
IMG_5958
IMG_6267